ライターとして仕事をしていると、様々なクライアントさんと出会いますが、気をつけなければならないクライアントさんもたくさんいます。例えば、ランサーズを通じて仕事をしている場合、「仮入金が終わった後で仕事を始めてください」というルールがあります。これはライターの側がただ働きになるという結果を防ぐためのものであり、仮入金がなされた後で仕事をしておけば仮にクライアントと連絡が取れなくなったとしても入金を催促できるというシステムに基づいています。どれだけ仕事をしても、お金が支払われなかったら困りますよね。実際に、どれだけ良い関係を築いていたと思うクライアントさんであったとしても、諸事情によりいきなり連絡が取れなくなるなどという事は珍しい話ではありません。そのため、先に入金してもらってその後で仕事を始めるというのは非常に大切なことです。
その一方で、クライアントさんによっては「先に500円を契約金額とし、記事を書いてもらった後でその本数や分量によって金額を決め、それで支払います」などという主張をしてくる人がいますが、このようなクライアントさんには気をつけなければいけません。確かに、他意はないのでしょう。クライアントさんは最初に500円を金額設定し、後からその書いた記事の内容に従って金額を決めて支払うという気持ちがあるのですが、このやり方はネットビジネスでは注意が必要です。顔がわからない相手とやりとりをしているのですから、契約金額と違う分の仕事はリスクが伴います。例えばランサーズでは、仕事を終えて完了報告をした後になかなか支払いがなされない連絡をしてもクライアントさんから返信が来ない、という場合は連絡を催促する機能があり、それでも連絡がない場合は仮入金されているお金を支払ってもらうことができます。もしも、「最初は500円で設定し、後から金額を決めます」というクライアントさんと契約をし、連絡が取れなくなってしまった場合、良くても500円しか支払ってもらえません。また、これは「仮入金が終わった後に仕事を始めてください」のルールに反しています。
最終的にただ働きになってしまったなどということがないように、ネットビジネスをするならば最初にしっかりとした契約書を作っておく必要があります。もしもクライアントさんが納得のいかない金額を提示してきた、「後で金額を決めます」などと最初に安い金額を設定してきた、などという場合は注意が必要です。何かトラブルが生じた場合に支払ってもらえない可能性があるということを覚えておかなければいけません。